2009年05月06日

●獣医師はどんな診察や治療をしてくれますか?

4.gif
Drbuddy.JPG




症状があればその原因を探すために、視診、触診、聴診、そして必要に応じて血液検査やレントゲン検査などを行うのが診断治療の原則です。

特に身体所見では体重、体温、呼吸心拍数などは重要な情報であり、省略すると重大な病気を見落とす危険性があります。

どのような病気であれ、基本的事項は毎回チェックしなければなりません。

良い獣医は、基本的な診察を確実に行い、勝手に省略はしません。

逆に基本をないがしろにする獣医師は注意力や判断力が希薄で、誤診の頻度は増加すると思います。

犬の腹痛と下痢に対し、触診も聴診もせずに、「悪い物でも食べたのだろう」「フードが悪い」と言って獣医師は胃薬を処方したりゴミ同様の処方食を処方し、それでも改善せず、他院を受診した結果、悪性リンパ腫と判明した事例があります。

dai9.bmp

ニックネーム buddydog at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 獣医師選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●どうしたら良い獣医師を見極められるでしょうか?

4.gif
Drbuddy.JPG



飼主は治療のほぼすべてを獣医の判断や治療行為に委ねます。

従って、獣医師選びは飼主の大事な仕事ですが、獣医師の技量を受診前に知ることは容易ではなく、受診した時の状況で判断する必要があります。

専門知識や治療技術の良し悪しは簡単に判断できません。

飼主への対応や動物の扱い方など、さまざまな所作から獣医師の技量を判断するしかありません。

いわゆるごく普通と思われた病院(獣医師)を受診した結果、とんでもない誤診やミスが起こる例が数多く見られます。

結果的にその病院は普通ではなかったということになります。

獣医師の経験、注意深さ、技術、総合判断など、そのどれかが欠けているのです。

腕の良い獣医師は、ミス(過失)の程度が予想される範囲内でとどまり、善後策の対応が素早くできます。

どうしたらその良い獣医師を見極められるでしょうか?

●病院の規模、外観、設備、宣伝文句は参考程度に。 

清潔な院内、雰囲気が明るく親切に対応、明朗会計、などは、本来あって当然です。

一方、設備と装置が充実していても完全に使いこなされているとは限りません。

エコー、レントゲン、CTなどは機械性能ではなく、画像の判断能力と臨床への適用能力が重要です。

動物病院HPに掲載される診療ポリシーや体制は必ずしも実情と合致するとは限らないので、あくまでも一つの目安と考えるのが妥当です。

優秀で誠実な獣医師は、対応や説明が適切で信頼がおけます。

他方、雄弁でも肝心の要点をはぐらかそうとする獣医師は信頼できません。

犬との共生は私たちの暮らしに大きな幸せをもたらしてくれます。

犬仲間からの情報で腕の良い獣医に巡り会えばよいのですが、現実はそうではないことが多いようです。

飼主が正しい知識をもって判断されればよいのですが・・・・

散歩は、愛犬に関する情報交換の場になり、どんなドッグフードが良いとか、愛犬の健康管理や何処の獣医が親切に診てくれるとかいう情報を得ることもできます。

しかし、誤った情報が氾濫しているのも事実ですよね。

愛犬の健康のためにも信頼できるアドバイザーを確保してください。

dai9.bmp

ニックネーム buddydog at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 獣医師選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新着記事