2010年12月18日

Luckyとお散歩 2010/12/18









犬のフンを持ち帰ることは、最低限のマナーですよね!!

街のあちこちに「犬の糞を持ち帰りましょう!」といった掲示がされているのに、

なぜ糞を放置していく迷惑行為が絶えないのか?

フンの放置問題について考えましょう!

【犬幼稚園 Buddy Dog】

愛犬は我々の生活の重要なファクターとして、身近な存在となっています。

しかし、社会性不足のため問題行動犬も多数、それを解決するための犬幼稚園!!

“人と愛犬の幸せなライフスタイルを提案”する犬幼稚園 Buddy Dog

bdsfood

入園・ペットホテル見学会の予定

logo2kid.JPG



Darwinくんとお散歩 2010/12/18











とっても気軽な犬のお散歩ですが、犬を散歩させていい人とダメな人がいるのをご存知でしょうか?

犬を散歩させていいのは、犬を制御できる人だけです。

何か起きた時にきちんと対処できないと、様々なトラブルに発展する危険があるからです。

あなたの家では誰が犬のお散歩をさせていますか?

【犬幼稚園 Buddy Dog】

愛犬は我々の生活の重要なファクターとして、身近な存在となっています。

しかし、社会性不足のため問題行動犬も多数、それを解決するための犬幼稚園!!

“人と愛犬の幸せなライフスタイルを提案”する犬幼稚園 Buddy Dog

bdsfood

入園・ペットホテル見学会の予定

logo2kid.JPG



2010年12月15日

Darwinくんとお散歩 2010/12/15











お散歩バッグ

お散歩バッグを持ち歩かない人が意外と多いようです。

ぜひ持ち歩いてください。

100円均一ショップなどで購入できる小さい手提げバッグで十分です。

以前ズボンのポケットに未使用のウンチ袋を、リードに付けた

マナーポーチに処理後の袋をという散歩スタイルでした。

「何も持たず、犬の糞を放置しているのはお前だろう!!」

と注意されたことが散歩バッグを持つキッカケ

お散歩バッグを持つことで、ウンチを拾う意思があることを地域住民の方にアピールできます。

なにも持っていないと不信感を抱かれる場合があるんですね。

気をつけましょう。

丸見えなのがよくないです。

きちんと犬の排泄物を持ち帰るという方も、拾ったものが全部見えている状態で持ち歩かれたのでは、
見ていてあまり気持ちのいいものではありません。

拾った後も、お互いに気持ちよくいられる配慮が必要です。

そういった理由から、ぜひお散歩バッグを!!

【犬幼稚園 Buddy Dog】

愛犬は我々の生活の重要なファクターとして、身近な存在となっています。

しかし、社会性不足のため問題行動犬も多数、それを解決するための犬幼稚園!!

“人と愛犬の幸せなライフスタイルを提案”する犬幼稚園 Buddy Dog

bdsfood

入園・ペットホテル見学会の予定

logo2kid.JPG



Luckyとお散歩 2010/12/15







犬をお買い物に付き合わせない

店先に繋がれて、飼主が戻ってくるのを待っている犬をよく見かけます。

その間、おとなしく待っている犬、吠えている犬も。。。

お買い物をしている間、ひとりで待っている犬に、何か危ないことが起きるかもしれないと考えたことはありますか?

おとなしいから大丈夫!そう思ってはいませんか?

犬ひとりでは、危険がこんなに!?

普段おとなしい犬であっても、飼主に置いていかれると不安な気持ちになるものです。

知らない場所で、あるいは不特定多数の人が行きかう場所で、いつ戻るかわからない飼主を
待ち続けるのは、犬にとって精神的にもキツイはずです。。。

犬が誰かに危害を加えるかもしれない?

犬好きな人が近づいてきます。人なつこい犬なら、喜ぶかも?

警戒心の強い犬なら、近づいて来た人に対して威嚇して吠えるはず。

臆病な犬であれば、パニックになり人を咬むことさえあるのです。

犬の警戒サインに気づかずに、子供が咬まれることはよくあることです。

犬から目を離している間に、愛犬が人に咬みつくなどしてケガを負わせてしまったら、 管理していなかった飼主に責任があるのです。

もしリードが外れてしまったら??

犬をつないでいたリードが、何かの拍子に縛っていた支柱などから外れてしまうことがあります。

犬が動きまわるうちにリードが緩むこともあれば、故意にリードを外そうとする人がいないとも限りません。

もしリードが外れてしまえば、愛犬が駐車場や道路などに飛び出して交通事故に遭う危険性もあります。

過去には、犬が連れ去られる事件も!

飼主がお買い物や用事を済ませている間に、犬が連れ去られるといった事件が過去に何度も起きています。

可愛かったからつい、動物に対し危害を加えるのが目的でといった悪質な理由での連れ去りもあります。

どちらの場合も、飼主が犬から目を離さなければ起きなかった事件です。

愛犬が、事件に巻き込まれないためにも、犬を置去りにすることがないようにしたいものです。

犬が苦手という人への配慮も必要


お店に来る他のお客さんで、犬が苦手という人も当然います。

公共の場に、短時間とはいえ犬を放置しておくのは、そういった人たちへの配慮も足りないといえます。

もしお散歩ついでにお買い物をする予定があるなら、ご家族などと一緒に出かけ、 お店の外で犬を見てもらうようにするといいでしょう。

犬にとっても、待たされるよりずっといいのではないでしょうか。

リスクを考えると、最初からお買い物に付き合わせる目的で犬を散歩に連れ出すことは、できるだけ避けるようにしたいものですね!

【犬幼稚園 Buddy Dog】

愛犬は我々の生活の重要なファクターとして、身近な存在となっています。

しかし、社会性不足のため問題行動犬も多数、それを解決するための犬幼稚園!!

“人と愛犬の幸せなライフスタイルを提案”する犬幼稚園 Buddy Dog

bdsfood

入園・ペットホテル見学会の予定

logo2kid.JPG



2010年12月12日

Luckyとお散歩 2010/12/12







犬のフン放置の問題点とは?

犬のフンの片づけは、飼い主の最低限のマナーです。

情けないことに、犬を飼っていながら自分の犬の糞が片付けられない飼主が多くいるのが実状です。

犬を飼うのなら、糞尿の始末は飼主の責任です。

それなのに、なぜフンを持ち帰らないのでしょう?

糞を拾うのが面倒だから?それとも、臭いから持ち歩きたくないのでしょうか?

犬だって、私たちと同じ生き物であり、オシッコやウンチをすることは子供でもわかることです。

犬と散歩するのに、糞を拾う道具すら持ち歩かないというのは論外です!

放置された糞を踏むという悲劇を体験!

放置されている糞を踏んづけてしまった!!それはもう、悲劇以外のなにものでもありません。

考えただけでもゾッとします。
 
その悲劇、じつは何度も体験しています。

できたてホヤホヤの大きな物体を踏んでしまったのです。

1日、嫌な気分で過ごしたのは言うまでもありません。

たとえ糞を踏みつけないとしても、道端に糞が放置されている状況を見るだけで不愉快に感じるのは、私だけではないでしょう。

同じ愛犬家なのに、こんなに状況を作り出す身勝手な人がいるのかと思うと。。。。

犬の糞が公園に放置されていたら・・・

子供たちが遊ぶ公園内で、犬の糞が放置されていたらどうでしょう?

泥んこになって遊ぶような子供たちですから、誤って糞に触れてしまう可能性は大いに考えられます。

そんな不潔な環境では、安心して子供たちを遊ばせることもできません。

糞の不始末は、人間への被害だけではありません。

他の犬に病気をうつす恐れもあるのです。

死亡率の高い感染症の1つに「パルボウイルス感染症」があります。

パルボウイルスは、感染している犬の排泄物などに大量に含まれているため、 ほこりなどと共に広がりやすいのです。

愛犬家であれば、他の犬のことまで考えて、責任をもって行動してほしいものです。

相手は犬ですから、お散歩中いつでもどこでもウンチをしたくなる可能性があります。

さっき家で排泄をしてきたから大丈夫!と安易に考えず、愛犬と出かけるときは必ず排泄物を処理するための道具を持ち歩く習慣をつけましょう。

【犬幼稚園 Buddy Dog】

愛犬は我々の生活の重要なファクターとして、身近な存在となっています。

しかし、社会性不足のため問題行動犬も多数、それを解決するための犬幼稚園!!

“人と愛犬の幸せなライフスタイルを提案”する犬幼稚園 Buddy Dog

bdsfood

入園・ペットホテル見学会の予定

logo2kid.JPG



新着記事