2011年11月11日

愛犬の医療費も高騰





愛犬にかかる医療費が高騰している。

ウォールストリート・ジャーナルが伝えた米国ペット商品協会(APPA)のデータによると、2010年に米国内の平均的世帯が犬の診察や手術に投じた医療費は10年前より47%高い655ドルで、猫の医療費は73%増と、人間の医療コストの増加率とほぼ同じだった。

ペットの医療費が上昇しているのは、眼科やがん治療などで最新医療技術の選択肢が増えているほか、日常的な医療コストも上がっているため。

ペット保険会社ベテリナリー・ペット・インシュアランス(VPI)のデニス・ドレント社長は「MRIやCATスキャンから化学療法、放射線療法に至るまで、人間の医療の進歩が動物にも広がっている」と話す。

同社が10年に受け取った1000ドル以上の保険請求は5万1927件に上り、4年前から64%も増加した。

同業のペットプランによると、ペット1匹当たりのがん治療費は昨年1年間で14%増加し、平均2821.16ドルになった。

米国獣医師協会(AVMA)のレネ・カールソン代表は「医師の側から言えば、今は日常的なケアで手を抜くとより大きな責任問題になるため、結果的にレントゲンや血液などの検査が増えることが多い」と話している。

米国内でペットとして飼われている犬・猫は約1億6500万匹。

VPIが06年、利用者5200人に「ペットの命を救うためにいくら払うか」を尋ねた調査では、70%が「いくらでも」と答えた。

獣医師業界が利益の改善に努めていることも、医療費の上昇要因だ。

先進医療を施していたら、獣医師の選択を誤らなければ助かったかもしれない命

園長は身近で多くを経験、見聞しました。

失うかもしれないという不安と一緒に治療費、介護の負担も重く何もできなかった事例も

だからペット保険への加入、身体に良いフードをおすすめしています。

【犬幼稚園 Buddy Dog】

愛犬は我々の生活の重要なファクターとして、身近な存在となっています。

しかし、社会性不足のため問題行動犬も多数、それを解決するための犬幼稚園!!

“人と愛犬の幸せなライフスタイルを提案”する犬幼稚園 Buddy Dog

bdsfood

入園・ペットホテル見学会の予定

logo2kid.JPG



ニックネーム buddydog at 10:56| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新着記事