2011年11月05日

愛犬は大切な家族の一員ですよね?その医療実態は





人の病院なら、内科や外科、皮膚科、眼科...など、専門診療科に分かれていますが、動物病院のほとんどは全科診療です。

愛犬・愛猫がかけがえのない家族となった今日、より高度な専門医療を求める飼い主さんも増えてきているのではないでしょうか。

そこで、今、獣医療の「専門化」はどのように進んでいるのか、調べてみました。

やっぱり家族の一員だよね、代わりが買えるというもんじゃない。

"命の大切さ"に真摯に向き合って獣医の現場のむずかしさとか、いろいろ考えさせられる

人と同じように処置、処方するのであれば人間と同じように外科、内科、皮膚科、眼科のように

専門があっていいはずなのに聞いたことがない。

1人の獣医で総合診療を行っている。

動物病院のほとんどは、地域に密着した「かかりつけ医」です。

人の医療なら、かかりつけ医でも専門の診療科目に分かれていますが、

動物の場合は、内科、外科はもちろん、整形外科、皮膚科、眼科、歯科に至るまで、通常、すべての病気を一つの病院で診療します。

さらに犬・猫・うさぎ・鳥類・爬虫類・両生類などの小動物を診察していますよね。

飼主からの相談で食事やしつけなども動物に関する全てが。。。

無理です。でも神のごとく扱われているのも事実だと思います。

そして飼主は、人並みの治療を求めるようになってきています。

「MRI検査は?」「白内障の手術は?」「放射線治療は?」・・・、

しかし、そんな声に応えて、かかりつけ医が自前ですべての治療分野に対応できるような技術や設備をもつことは難しいことです。

そこで、一次診療を担うかかりつけ医にとっても、ペットにできる限りの治療を受けさせたいと願う飼主にとっても、必要に応じて、より正確な診断が下せる専門医、より高度な検査・治療が行える専門病院が求められるようになってきたといえます。

それすらもせず、適当な診療を施し重症化させたり、命を危険にする獣医も

信頼関係や絆など大事なものって、失いそうになってから、あるいは失ってからその大切さに気付くことが多いなと改めて思いました。

失くしたものの大切さをもう一度取り戻したいっていう気持ちになりました。

先進医療を施していたら、獣医師の選択を誤らなければ助かったかもしれない命

園長は身近で多くを経験、見聞しました。

何処で専門治療を受けられるのか?それは次の記事で

失うかもしれないという不安と一緒に治療費、介護の負担も重く何もできなかった事例も

だからペット保険への加入、身体に良いフードをおすすめしています。

犬の幼稚園 Buddy Dogが取り扱うペット保険(少額短期保険)。

補償額と補償内容の異なる4種類のプランを用意しており、

各プランの保険料はペットの年齢にかかわらず一定となっている。

いずれのプランも、決められた限度額・限度日数の中から治療に

かかった費用を補償する「実費型」で、いったん動物病院に医療費を

払ったあと、保険金を請求する後払い方式となる。

対象のペットは、犬・猫のほか、うさぎ・ハムスター・フェレットなど

の小動物、また、インコやオウム・カメ・イグアナなど、ペット保険

としてはめずらしく、非常に多種類の動物を対象としている。

補償内容も充実しており、入院保険金・通院保険金・手術保険金・

ガン手術保険金に加えて、犬・猫の場合は葬祭費用を保証する葬祭保険金、

車イスの作成費用等を補償する高度後遺障害保険金がある。

また、保険金を請求するための診断書作成費用なども補償の対象。

保険期間は1〜2年間。

加入可能年齢は各ペットごとに異なる。

6歳以上の大型犬、9歳以上の小型犬・中型犬・猫の場合は、

加入前に獣医師による健康診断(診察代は飼い主負担)が必要。

犬・猫の契約更新年齢は12〜15歳までだが、新規加入可能年齢までに

加入をすれば「シニア専用更新プラン」で終身更新が可能となる(※)。

保険料の高さは難点だが、幅広い補償内容や契約更新後も保険料が

変わらないシステムは評価が高い。

保険料の増額を気にせず、手厚い補償がほしい場合に向いたペット保険

と言えるだろう。

※シニア専用更新プラン対象年齢…

小型犬・中型犬:満15歳以上、大型犬:満12歳以上、猫:満13歳以上

【犬幼稚園 Buddy Dog】

愛犬は我々の生活の重要なファクターとして、身近な存在となっています。

しかし、社会性不足のため問題行動犬も多数、それを解決するための犬幼稚園!!

“人と愛犬の幸せなライフスタイルを提案”する犬幼稚園 Buddy Dog

bdsfood

入園・ペットホテル見学会の予定

logo2kid.JPG



ニックネーム buddydog at 11:35| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新着記事