2010年07月29日

信頼がおける動物病院を



某動物病院で、何の説明もなく副作用が強い薬を愛犬に処方されたことに、驚きと不信感を抱いたそうです。

また、あるご家族の方は、犬の下痢が細菌性でもないのに、抗生物質を長期繰り返し処方され、執拗に療法食を勧める態度に、激怒!!

週に2-3回通院していて、獣医が日替わりのように代わり、説明が違うことへの病院不信

検査結果の説明が不十分で不安が募る、注射時に針が抜けてしまった(2回も!!)

採血時に血管が......

このような苦情と「信頼がおける動物病院を紹介して」という相談が多くなりました。

獣医療においては、病気の診断や症状の説明もなく、薬品・療法食・薬用シャンプーなどが
処方され、しかも作用や副作用の説明も充分ではないことが多いようです。

犬幼稚園 Buddy Dogには「犬は家族の一員」と考えている人が多く、

人間の医療と同レベルの治療が行われるべきとお考えです。

動物病院の中には、症状や診断の説明、療法食の必要性と安全性、医薬品の副作用などの
説明を求めても、納得できる説明をしないだけでなく、強要するばかりで、拒否すると
しまいには診察拒否というような動物病院があります。

本来、症状や診断、医薬品、療法食、薬用シャンプーなどについて、飼主が納得できる説明をして
飼主が合意をしてから、治療を勧める義務があるのではないでしょうか。

また、飼主は、説明を受けて、納得したうえで治療をしてもらう、拒否するものは拒否する権利があるはずです。

残念ながら、飼主に説明をしてもどうせわからないから説明しないと、思っている病院も少なくないようです。

飼主は、信頼関係が築ける動物病院をホームドクターにすべきです。


【犬幼稚園 Buddy Dog】

愛犬は我々の生活の重要なファクターとして、身近な存在となっています。

しかし、社会性不足のため問題行動犬も多数、それを解決するための犬幼稚園!!

“人と愛犬の幸せなライフスタイルを提案”する犬幼稚園 Buddy Dog

フードの選び方

『ペットフード産業』の闇 フードの衝撃事実!

犬医食同源



入園・ペットホテル見学会の予定

犬幼稚園 Buddy Dogのイベント情報

横浜市都筑区の地域犬情報




ニックネーム buddydog at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 獣医師選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2212017

この記事へのトラックバック
新着記事