2009年05月06日

●獣医師は自分の能力を分かっているのか?

4.gif
Drbuddy.JPG



獣医師自身の能力をわきまえた治療を行っているでしょうか?

治療行為は責任の持てる内容であるべきです。

能力がない状態で安請け合いしたりやみくもに突き進むことは無謀です。

過去に見たり聞いたりして何となく知っている治療とはいっても、実際に自分がやったことがなければ習得しているとは言えません。

また手術はできても術後管理ができなければ正しい手術とは言えません。

最終的に動物を治すためには、自己の能力を知り、できることとできないことの区別を認識すべきです。

dai9.bmp

ニックネーム buddydog at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 獣医師選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1726417

この記事へのトラックバック
新着記事